【仮想通貨取引所】BitFlyer(ビットフライヤー)の使い方について解説します

クリプト女子
「仮想通貨を買ってみたい!どうやって買えばいいの?」

こんな疑問に答えます。

仮想通貨(暗号資産)を買うには、国内の仮想通貨取引所を利用します。

「仮想通貨取引所の口座開設」→「銀行口座から日本円を入金」→「仮想通貨取引所で取引」というステップが必要です。

具体的には、以下のような3つのステップを経ます。

この記事では、仮想通貨を買うまでに必要な3ステップを丁寧に解説します。

なお、ここからはPCから操作する前提で説明します。操作性、セキュリティの観点から、スマホでの操作はおすすめできません。

仮想通貨はPC上で扱いましょう

1 国内仮想通貨取引所 BitFlerの口座を開設する

まず、日本の仮想通貨取引所で扱っている仮想通貨を入手します。国内仮想通貨取引所でおすすめなのは、「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。操作が簡単で初心者でも迷わずに使えるでしょう。

筆者もこの取引所を愛用しています。

「新規登録」から進み、メールアドレスを入力します。

メールに届いたURLにアクセスすると、まず最初に2段階認証の登録を求められます。仮想通貨を扱ううえで、2段階認証は必須

おすすめは、「認証アプリを使う」です。スマホにワンタイムパスワードを表示し、それをPCに入力する方法になります。

ここでは、「認証アプリを使う」方法で説明します。

「認証アプリを使う」 をクリックすると、3つのアプリが登場します。

この中ではGoogle Authenticatorがおすすめです。この後に登場する海外取引所でもGoogle Authenticatorを利用できるためです。

ここで、スマホへ「Google Authenticator」のアプリをインストールしましょう。

スマホの 「Google Authenticator」 を立ち上げると、以下のような画面が表示されます。

「十」をタッチし、「QRコードをスキャン」を押します。これで、スマホはQRコード読み取り画面に移ります。

PC画面には、QRコードが表示されるので、これを読み取りましょう。これで、2段階認証の設定ができました。

つづいて、口座の開設手続きです。手順は、銀行口座の開設と同じような内容です。個人情報の入力、本人確認を経て、口座開設となります。

2 銀行口座からBitFlerへ資金を入金する

ビットフライヤーの口座をつくったら、購入資金として銀行口座から日本円を入金します。左側のタブの「入出金」から日本円をクリックして、銀行口座を選びましょう。

なお、おすすめの銀行口座は、住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行のみ手数料がかからず、入金も即時反映されます。ビットフライヤーを使うならぜひとも持っておきたい銀行口座です。

3 BitFlerで仮想通貨を購入する

BitFlerの口座に日本円を入金できたら、仮想通貨を購入しましょう。

「販売所」をクリックすると、仮想通貨の一覧が現れます。

あなたが購入したい仮想通貨をクリックしてください。

希望購入数量を入力し、「買う」をクリックすると購入できます。

これで仮想通貨を持つことができました。お疲れさまでした。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

当サイトで掲載されている評価や感想等は、あくまでサイト運営者の主観であり、広告主などに保証されたものではありません。暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じる
リスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。