Twitterで「六角形のプロフィールアイコン」を見るけど、あれは何?

こんな疑問に答えます。  最近Twitter上で、以下のような六角形アイコンを見かけます。

これは、「NFTプロフィール」と呼ばれるもの。

NFTプロフィールは、Twitterの有料サービスで使える機能です。アイコンにNFTを使うことで、六角形で表示されます。

この記事では、NFTの意味やNFTプロフィールにするメリットについて、説明します。この記事を読めば、Twitter上の六角形アイコンの意味がわかるでしょう。

なお、NFTプロフィールにする方法については、こちらの記事で詳しく解説しています↓

【TwitterをNFTアイコンにしよう】NFTの買い方を初心者向けに解説

それでは、はじめましょう。

NFTとは、唯一無二で「本物」のデジタルデータのこと

そもそも「NFT」って何?

NFT(non fungible token)とは、「本物」と証明されたデジタルデータのことです。

これまでのデジタルデータは、コピーによって完全に同じものを複製できました。たとえば、デジカメで撮影した写真は、コピーすると完全に同じ写真が複製されます。

そのためデジタル写真に、本物や偽物という概念はありませんでした。

しかし、仮想通貨の技術を応用することで、「唯一無二」のデジタルデータを作れる様になったのです。

これにより、デジタル画像や映像のデータにも、オリジナルの「本物」という概念が登場するようになりました。

NFTの登場で、「本物」のデジタル画像が価値を持ちはじめた

デジタル世界でも「本物」の概念が誕生したことで、本物のデジタルデータが価値を持つようになりました。

たとえば、こちらは「BAYC」という人気のNFTコレクション。

出典:https://opensea.io/collection/boredapeyachtclub

本物のNFTは、1枚あたり1500万円〜数億円の価値があります。マンションが買えるくらいの値段です。

デジタルデータでも、現実世界の美術品と同じような希少価値を持ち始めたのです。

でも、こうやってブログにBAYCの画像を貼れるくらいだし、
コピーも簡単なんじゃないの?

たしかに、ただの画像データなので「簡単にコピーができる」と思うでしょう。

しかし、NFTの世界では誰でも見られる記録簿(分散型台帳)があり、その記録からどれが本物かを検証できるのです。

たとえ筆者が、BAYCの画像を加工してNFT化しても、分散型台帳をたどれば偽物であることが明らかとなってしまいます。この分散型台帳を見れば、誰が本物の所有者なのかも明らかになります。

NFTをTwitterの機能で認証させたものが、NFTプロフィール

外国を中心に、NFTをTwitterのプロフィールアイコンに採用する人が増えてきました。

ただし、いままでのTwitterでは、画像をアップロードするだけでアイコンを設定できました。つまり、本物の所有者でなくても、NFT画像をアイコンにできたのです。

そこで登場したのが、有料の新機能「Twitter Blue(ツイッターブルー)」。ツイッターブルーでは、NFTの認証機能がつきました。

自分が所有しているNFTをアイコンにすると、六角形のアイコンとして表示されます。つまり、六角形のアイコンの人は、正真正銘のNFT所有者ということです。

六角形のアイコンにすることで、対外的にNFT所有の事実をアピールできるのです。

※2022年2月現在、Twitter Blueは日本でのサービスを開始していません。

NFTをアイコンにするメリット

NFTをTwitterプロフィールにするメリットって何?

わざわざお金を払ってまでNFTを買い、アイコンにするのには意味があります。  NFTプロフィールにする主なメリットは、以下の4つです。

同じコレクションを持つ人との仲間意識が芽生える

世の中が多様化したため、昔よりも所属や肩書があいまいになってきました。そんななかでも、NFTには新しい仲間を呼び寄せるメリットがあります。

同じNFTコレクションを持つもの同士であれば、簡単にコミュニケーションが成り立つからです。

たとえば、さきほど紹介した猿のコレクション「BAYC」。マンションが買えるほどの高額コレクションなので、BAYC保有者にはセレブがたくさんいます。

そんななかで、日本では関口メンディー氏がBAYCをアイコンにしています。

※日本ではまだTwitter Blueのサービスが開始されていないので、丸型アイコンになっています

日本のエンタメを見たことがない外国人セレブも、このアイコンを見れば、「関口メンディー=セレブリティだ」と分かるわけです。

ここからBAYCを持つ者同士の交流が生まれます。BAYCには、保有者しか入れないコミュニティもあります。

世界各地の人が、猿のアイコンをきっかけにコミュニケーションを取り、つながっていくわけです。

このように、仲間意識が芽生えて人脈が広がっていく点がメリットです。

NFT画像は、デジタル上のブランド品として機能する

SNS上では、アイコンがあなたの分身です。このアイコンに、ブランド品の機能がついたものがNFTアイコンです。

NFTプロフィールは、デジタル世界のブランド品としての役割があります。

NFTには希少価値があり、高値で取引されるものもあります。また、現実世界のブランド品のように「本物」という概念もあります。

現実世界では、ブランド品を周囲に見せびらかすことで、一般の人との差別化が図るという意図があります。

デジタル世界でこの役割を果たすのが、「NFTプロフィール」です。周囲に見せびらかすという目的と誰もが見れるSNSアイコンは相性が良いのです。

これまでは、デジタルの世界にブランド品の概念はありませんでした。しかし今後は、NFTがブランド品として機能するでしょう。

周囲に対して、自身がもつNFTのブランド力をアピールできる点がNFTアイコンのメリットです。

所有する作品によって、価値観や美的センスを表明できる

価値観や美的センスを表明できる点もメリットです。

NFT作品の根底には、美術品と同じように価値観や思想があります。たとえば、以下のような価値観です。

  • パンク精神
  • 環境保護
  • 仲間とのつながり

NFTをアイコンにすると、自分のもつ価値観を周囲にアピールできます。これにより、あなたの価値観に共感した人が集まってきます。NFTを通じて、人々がつながるきっかけとなるのです。

言葉が通じなくても、グローバルにコミュニティが広がっていく

仲間意識や価値観が、グローバルに伝わる点も魅力です。

言葉が通じなくても、NFTアイコンによって交流が生まれます。これまでまったく関わりがなかった、遠い世界の人ともつながりができるでしょう。

NFTをきっかけとして、世界中のひとがコミュニケーションを取り始めるのです。これが、SNSにNFTアイコンが普及した大きなメリットでしょう。

NFTプロフィールは、新たな文化として広く普及するでしょう

NFTプロフィールは、デジタル社会の新たなファッションアイテムとして定着することでしょう。あなたのフォロワーにも、次第に六角形のアイコンが増えていくはずです。

なお、NFTはどれも高額なわけではありません。手頃なものでは、数千円から手に入ります。

NFTを入手する方法は、こちらの記事で詳しく解説しています↓

【初歩から完全解説】NFTプロフィール用のNFTの買い方

ぜひ、あなたも新時代のトレンドアイテムを入手して、アイコンにしてみてください。

今回は、ここまでです。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事