※写真は、仮想通貨のイメージです。仮想通貨は電子データなので、実物は存在しません。
クリプト女子
「仮想通貨に興味があるけど、何をすればよいかわからない」

こんな疑問に答えます。

仮想通貨に興味が出てきても、何をしたら良いかわからないですよね。

そこでこの記事では、仮想通貨初心者のあなたのために、仮想通貨デビューまでの手順をわかりやすく説明します。

この記事に沿っていけば、あなたも仮想通貨デビューできるでしょう。

具体的な手順は、以下の3つ。

入門の手順
  • 仮想通貨取引所の口座を開設する
  • 仮想通貨取引所の口座に、日本円を入金する
  • 日本円でビットコインを購入する

では、さっそく説明します。

国内仮想通貨取引所の口座を開設しよう

仮想通貨を始めるには、国内仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

そもそも仮想通貨とは、電子データです。実物のコインや紙幣は存在しません。

誰がいくらの仮想通貨を持っているかという電子データは、インターネット上の帳簿に記録されます。世界中の人が同じ取引内容を各自の台帳に記帳するので、改ざんや不正が難しいのです。この仕組みを、分散型台帳と呼びます。

仮想通貨は、「暗号資産交換業者(国内仮想通貨取引所)」から入手できます。株式を買うときに、証券会社を経由するのと似たようなイメージです。

そのため仮想通貨デビューの第一歩は、国内仮想通貨取引所の口座を開設することから始まります。

以下の3ステップにより、国内仮想通貨取引所で仮想通貨を入手できます。

  • 仮想通貨取引所の口座を開設する
  • 仮想通貨取引所の口座に、日本円を入金する
  • 日本円でビットコインを購入する

以下のようなイメージです。

つづいて、仮想通貨の銘柄について説明します。

仮想通貨の初心者なら、ビットコインから入門しよう

仮想通貨を始めるなら、ビットコインからはじめましょう。ビットコインは最も歴史が古く、仮想通貨を代表する銘柄です。

仮想通貨には、数多くの銘柄があります。それぞれに特色があるものの、初心者でいきなりそれらを覚えるのは難しいですよね。

そのため入り口としては、ビットコインがわかりやすいです。ほかの銘柄は、仮想通貨に慣れてきてから、関心を向けてみましょう。

さて、ここからは「ビットコインを仮想通貨取引所で購入する手順」を説明します。

なお、ここからはPCから操作する前提で説明します。操作性、セキュリティの観点から、スマホでの操作はおすすめできません。

仮想通貨はPC上で扱いましょう

手順1 国内仮想通貨取引所 ビットフライヤーの口座を開設する

まず、仮想通貨取引所の口座を開設します。

国内仮想通貨取引所でおすすめなのは、「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。操作が簡単で初心者でも迷わずに使えるでしょう。

筆者もこの取引所を愛用しています。

「新規登録」から進み、メールアドレスを入力します。

メールに届いたURLにアクセスすると、まず最初に2段階認証の登録を求められます。仮想通貨の世界では、2段階認証は必須です

おすすめは、「認証アプリを使う」です。スマホにワンタイムパスワードを表示し、それをPCに入力する方法になります。

ここでは、「認証アプリを使う」方法で説明します。

「認証アプリを使う」 をクリックすると、3つのアプリが登場します。

この中ではGoogle Authenticatorがおすすめです。Google Authenticatorはメジャーな2段階認証アプリです。

ここで、スマホへ「Google Authenticator」のアプリをインストールしましょう。

スマホの 「Google Authenticator」 を立ち上げると、以下のような画面が表示されます。

「十」をタッチし、「QRコードをスキャン」を押します。これで、スマホはQRコード読み取り画面に移ります。

PC画面には、QRコードが表示されるので、これを読み取りましょう。スマホ画面に登場した6桁のワンタイムパスワードをパソコンに入力します。

これで、2段階認証の設定ができました。

口座の開設手続きです。手順は、銀行口座の開設と同じような内容です。氏名や住所などの個人情報を入力しましょう。

つぎに本人確認です。画面の指示に従って、運転免許証やマイナンバーカードを撮影します。つづいて、自身の顔を動画で撮影して、顔写真の照合となります。

これで口座開設の申請が完了しました。

早ければ、1〜2日営業日で口座開設となります。

手順2 銀行口座からビットフライヤーへ日本円を入金する

ビットフライヤーの口座をつくったら、購入資金として銀行口座から日本円を入金します。左側のタブの「入出金」から日本円をクリックして、銀行口座を選びましょう。

なお、おすすめの銀行口座は、住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行のみ手数料がかからず、入金も即時反映されます。ビットフライヤーを使うならぜひとも持っておきたい銀行口座です。

手順3 ビットフライヤーでビットコインを入手する

ビットフライヤーの口座に日本円を入金できたら、いよいよビットコインを購入できます。

「取引所」をクリックすると、ビットコインの売買注文ができます。株式の売買と同じ、板注文という仕組みです。

ビットコインの相場を見つつ、希望購入価格とビットコインの数量を入力します。自分の買い注文に対応する売り注文が入れば、取引成立です。

1 BTC(ビットコインの単位)は、約420万円です(2022年1月27日現在)。そのため、1万円分のビットコインだと、0.0023 BTCほど。

ビットコインは、小数点第3〜4位まで使用することが普通なので覚えておきましょう。

これで、ビットコインを手に入れました。

仮想通貨初心者はいくらまで?→まずは資金 1万円で慣れよう

仮想通貨初心者のうちは、投資額の上限を1万円ほどにしましょう。

1万円では少ないように感じるかもしれません。しかし、仮想通貨は日々の価格変動がとても激しく、リスクが高いのです。また、元本保証もありません。

株式市場よりも相場の変動が大きく、24時間休みなく相場が動き続けます。寝ている間にも、損失が膨らむことだってあるのです。

そこで初心者のうちは、ビットコインを1万円分だけ持って仮想通貨の世界に慣れましょう。

慣れてきたら、「毎月1万円づつ買い増し」といった選択もできます。この方法なら、相場変動のリスクを減らせます。

まずは、ビットコインを少しだけ保有して仮想通貨に慣れてみましょう。その後、ほかの銘柄などにも興味をもつと仮想通貨の世界が広がってくるはずです。

今回は、ここまでです。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

当サイトで掲載されている評価や感想等は、あくまでサイト運営者の主観であり、広告主などに保証されたものではありません。暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じる
リスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

おすすめの記事