クリプト女子
「INXセキュリティトークンってどうやって買うの?」

こんな疑問に答えます。

この記事では、INXセキュリティトークンの口座開設から購入までを画像つきで解説します。

INXセキュリティトークンとは何かについて知りたい場合は、まずこちらの記事をどうぞ↓

INXセキュリティトークンとは何?特徴や将来性について、解説します

ここからは、パソコンでの操作を前提に進めます。(スマホでも操作しましたが、動作が不安定でした。PCからの操作がおすすめです)

なお、INX購入にあたって、イーサとメタマスクをあらかじめ準備しましょう。以下の記事で準備の方法を解説していますので、この方法でイーサを用意してください。

仮想通貨 イーサの買い方からメタマスクへの移動までを説明します

INXセキュリティトークンの購入までは、意外と労力がかかります。気合を入れて頑張りましょう!

注意

INXセキュリティトークンは、一般に公開されていない証券であり、流動性や資産性の面でリスクを伴います。投資する場合は、失っても問題ない範囲の額にとどめましょう。

さっそく、手順を解説します。

1 INXセキュリティトークンの口座を開設する

メールアドレスを登録する

INXセキュリティトークンを購入するには、マネーロンダリング対策のための本人確認が必要です。米国の証券会社の口座開設と同等の手続きが必要となります。

まずは、INX証券へ取引開始の申請をしましょう。

INX証券の公式サイト<https://www.inx.co/>にアクセスします。

トップページにあるメールアドレスの入力欄に、メールアドレスを入力しましょう。

INX証券からメールが届きますので、URLをクリック。メールアドレスの本人確認をします。

続いて、パスワードを設定です。利用規約2カ所にチェックをつけましょう。

確認のメールが届くので、メール内のリンクをクリックします。

これでメールアドレスの確認ができました。

口座開設に必要な、氏名・住所・電話番号を入力する

続いて、個人情報を入力していきます。

まずは、居住している国を選択します。

続いて、以下の項目を入力。

1.氏名 →ローマ字で入力。

2. 電話番号 →電話番号を国番号から入力。日本の国番号「+81」を先頭に付け、頭の0を除いた電話番号を入力

例:090-8574-XXXX →+81908574XXXX

3. 生年月日

続いて、現住所を入力します。ローマ字で入れましょう。

現住所を証明できる書類を添付する

次に、この住所に住んでいることを証明します。そのために、氏名、現住所、日付(発行から3か月以内)の3点が書かれた書類を用意しましょう。

具体的には、以下の書類です。

居住を証明できる書類
  • 銀行取引明細
  • クレジットカード利用明細
  • 課税額に関する書類
  • 電話、テレビ、インターネットの請求書
  • 光熱費の請求書
  • 大学の在籍証明書
  • 抵当権設定通知書、賃貸借契約
  • 有権者登録証明書
  • 運転免許証やIDカード
  • 年金、失業保険、健康保険等の受給に関する政府当局とのやりとり

これらは、日本語の書類でも大丈夫でした。(INX証券の担当者が、日本語の氏名や住所を読めるのかは謎です)

ポイントは、「発行から3か月以内の日付」という点。

身分証明としては運転免許が一般的です。しかし、発行から3か月を過ぎている場合がほとんどでしょう。

そこで、筆者はクレジットカードの利用明細(WEB版)を提出しました。以下のようなものです。

この内容にて問題ありませんでした。

クレジットカードの利用明細が、最も簡単でしょう。

本人確認のため、パスポート情報を提出する

続いて、パスポート情報を提供します。

パスポート番号を入力。

パスポートの顔写真がついているページの画像を添付します。

資産状況を入力する

次は、あなたの資産状況についての回答です。

純資産と年収を、アメリカドルで入力します。

つづいて、投資経験に関する質問です。さまざまな金融商品について、何年間の投資経験があるか回答します。

投資のスタンスについての問いです。

投資の方向性やリスク許容度について、回答しましょう。

最後に、雇用形態の確認です。

会社員の場合は、所属する会社を答えます。

利用規約への同意が求められます。2カ所にチェックをつけます。

これで申請完了です。

補足

申請には、1週間ほどかかります。審査が完了するとメールが届くので、しばし待ちましょう。

以下のようなメールが届いたら、申請完了です。

いよいよ、INXセキュリティトークンを買うステップに進みます。

2 INXセキュリティの口座にイーサを送付する

INXセキュリティの口座にイーサを入金します。

なお、INXセキュリティトークンを購入するには、「仮想通貨イーサが入った状態のメタマスク」が必要です。以下の記事で、イーサの入手からメタマスクへの入金について、詳しく説明しています。↓

仮想通貨 イーサの買い方からメタマスクへの移動までを説明します

備考

INXセキュリティでは、取引所(バイナンスやビットフライヤー)からINXセキュリティへの資金送付は、推奨されていません。自身のメタマスクからの送付が必要です。

まず、INX公式サイト<https://www.inx.co/>をクリックします。

INX公式サイト<https://www.inx.co/>をクリックします。

真ん中の「Digital Security Trading Platform」を選択。

メールアドレスを入力します。「LOG IN」を押すと、ログインURLが書かれたメールが届きます。

受信メールから、URLをクリックしましょう。

「WALLET」から「DEPOSIT」を選択します。

入金の種類を問われます。イーサで入金するので「Cryptocurrency」→「Ethreum」を選択します。

送付する数量を入力し、送金を実行します。

なお、最低入金額は0.015ETHです。これを下回る額だと、INXセキュリティで反映されないので気をつけましょう。

注意!

このイーサリアムは、送付に失敗すると絶対に取り戻せません。必ず、テストでわずかな数量を送付し、INXセキュリティ側の口座に届くことを確認しましょう。問題ないことを確認してから、大きな数量を送付しましょう。

入金後、すぐに「WALLET MANAGEMENT」の欄に入金額が反映されます。

処理が終わると、アメリカドル換算の買付余力が表示されます。

これでようやく、セキュリティトークンを購入できる段階になりました。

3 INXセキュリティトークンの買い注文を入れる

トップページの「TRADING」を押し、ウォレットをつなげましょう。

基本的な機能は、株式投資の板注文と同じです。以下のような機能があります。

この画面では、ほかのトークンの売買もできるため、注意が必要です。アセットが「INX」と表示されていることを確認しましょう。

「Buy」を選択し、トークンの価格と数量を入力します。

確定画面がでるので、内容を確認。「PLACE BUY ORDER」で買い注文が入ります。

なお、INXセキュリティートークンの売買は、株式市場ほど盛況ではありません。大量注文をしても、それほど売りがないこともあります。INXセキュリティトークンは、流動性が悪い点を認識しましょう。

買い注文に対応する売りがあれば、売買成立。買い注文が成立すると、メール宛に以下の様な連絡が届きます。

これで、ようやくINXセキュリティートークンが手に入りました。

かなり長い工程となりました。お疲れ様です。

INXセキュリティトークンは、普通の仮想通貨とは異なり、本人確認や口座開設に手間がかかります。ただ、ここまで完了すれば、あとはイーサリアムの送付と買い注文で、買い増しが可能となります。

今回は、ここまでです。

免責

当サイトで掲載されている評価や感想等は、あくまでサイト運営者の主観であり、広告主などに保証されたものではありません。暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じる
リスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

おすすめの記事