いま話題のNFTを、簡単に入手する方法を知りたい

こんな疑問に答えます。

最近、NFTがトレンドです。

Twitter上でも、NFTのイラストをアイコンにしている人を見かけませんか?Twitterには、自分の持っているNFT画像をアイコンにする文化があります。

シリーズ物のNFTコレクションもあって、同じシリーズを愛用しているフォロワーとも仲良くなれます。

この記事では、そんなNFTを簡単に入手できる方法を紹介します。

NFTとは、オリジナルのデジタルデータ

そもそも「NFT」って何?

NFT(non fungible token)とは、「本物」と証明されたデジタルデータのことです。

これまでのデジタルデータは、コピーによって完全に同じものを複製できました。たとえば、デジカメで撮影した写真は、コピーすると完全に同じ写真が複製されます。

そのためデジタル写真に、本物や偽物という概念はありませんでした。

しかし、仮想通貨の技術を応用することで、「唯一無二」のデジタルデータを作れる様になったのです。

これにより、デジタル画像や映像のデータにも、オリジナルの「本物」という概念が登場するようになりました。

コインチェックNFTなら、初心者でも簡単に購入できる

初心者でも簡単にNFTを購入するなら、コインチェックNFTでの入手がおすすめです。

NFTの購入ルートは、主に以下の3つです。

このなかで、最もシンプルに購入できるのが、コインチェックです。

コインチェックのNFTマーケットには、3つのメリットがあります。

  • 操作が簡単である
  • ネットワーク手数料がかからない
  • NFTコレクションの質が、ある程度保証されている

それぞれのメリットについて、簡単に解説します。

操作が簡単である

コインチェックでのNFT購入は、簡単です。

通常は仮想通貨ウォレットの作成が必要ですが、コインチェックのNFTではウォレットが不要です。

また、日本語で操作できるため、迷う場面がありません。

ネットワーク手数料がかからない

ネットワーク手数料(ガス代)がかからない点も、メリットです。

OpenSeaでNFTを買う場合には、3,000~4,000円ほどのガス代が発生します。

NFTを動かすたびにガス代が発生するので、大きな負担となります。

これに対して、コインチェックのNFTでは、ガス代は発生しません

NFTコレクションの質が、ある程度保証されている

NFTコレクションのクオリティが一定程度、保証されている点も重要です。

通常の購入ルートであるOpenSeaは、誰でも作品を出品できます。

そのため、中には詐欺プロジェクトも存在します。初心者でそのような詐欺プロジェクトを見極めるのは、困難です。

しかし、コインチェックのマーケットにあるNFTならば、一定のクオリティがある作品だけが扱われています。

詐欺プロジェクトの作品を掴まされるリスクがないので、初心者でも安心です。

なお、より本格的なNFT取引をしたい場合は、OpenSeaというマーケットを利用する方法もあります。

OpenSeaの利用方法は、以下の記事で解説しています↓

【初歩から完全解説】NFTプロフィール用のNFTの買い方

Coincheck NFTを使ったNFT購入方法

コインチェックの口座開設をする

仮想通貨取引所のコインチェックには、「Coincheck NFT」というNFT売買のサービスがあります。

簡単に買えるため、初心者であってもNFT購入が可能です。

まずは、「コインチェク」の口座を開設しましょう。

以下の公式サイトから、無料で口座開設できます。

コインチェックのトップページに飛びました。

トップページにある「会員登録」をクリックします。

メールアドレスを入力のうえ、パスワードを設定します。

メールが届くので、メール内のリンクをクリック。コインチェックへログインしましょう。

まず、「各種重要事項の承諾」が必要です。

つづいて、電話番号の認証をします。スマホの電話番号を入力し、SMSで届いた数字で認証してください。

個人情報の入力と本人確認をする

続いて、本人確認です。

ここからは、スマホのアプリからの操作が必要です。「本人確認書類を提出する」を選択すると、コインチェックのアプリをインストールする画面になりました。

アプリをダウンロードし、さきほど設定したログインパスワードでログイン。

まず、本人確認をクリックします。

氏名や住所の情報を入力してください。

最後に、身分証明書の写真データを送信して完了です。

2段階認証を設定する

2段階認証の設定をします。

仮想通貨を扱うときは不正ログインを防止するため、2段階認証が必須です。

画面下部の「アカウント」をクリックして、2段階認証の設定を選択クリック。

ここで、2段階認証アプリのインストールが必要になります。

Google Authenticatorをいうアプリをインストールしてください。

i Phoneの方は、こちら

Androidの方は、こちら

Google Authenticatorをインストールしたうえで、コインチェックの2段階認証に進みます。

セットアップキーをコピーして、Google Authenticatorを起動。

Google Authenticatorの十字ボタンをクリックします。

「セットアップキーを入力」を選んでください。

コインチェックに登録したメールアドレスと、さきほどコピーしたセットアップキーを入力。

そうすると、Google Authenticatorに6桁の数字が現れます。これを、コインチェック側で入力します。

これで、2段階認証が完了です。ログインする際には、この6桁のワンタイムパスワードも入力してください。

お気に入りのNFTを探す

2段階認証ができたら、お気に入りのNFTを探しましょう。

「Coincheck NFT」をクリックします。

いくつかのシリーズがあるので、ほしいタイトルを選択。

購入できるNFTが表示されるため、ほしいNFTの価格を確認しましょう。

この際に、どの銘柄での取引なのかをチェックします。

黒いひし形のマークだと「イーサ」、黄色のBだと「ビットコイン」が必要です。

次にNFT購入のために仮想通貨を入手します。

日本円を入金する

つづいて、コインチェックの口座への入金です。

「日本円の入金」を選択し、NFTを購入する資金をコインチェックに移します。

コンビニ入金やクイック入金もありますが、手数料が700円と高め。

そのため、銀行振込がおすすめです。

仮想通貨を購入する

日本円を入金できたので、仮想通貨を購入します。

販売所(購入)→ETH(イーサ)やBTC(ビットコイン)をクリック。

仮想通貨の数量を指定します。

「購入する」で仮想通貨を入手できました。

NFTを購入する

いよいよNFTの購入です。

先ほどのCoincheck NFTから、ほしいNFTをクリックします。

「購入確認」のボタンをクリック。

わずか数秒で、購入が完了します。

これだけでNFTを入手できました。

コインチェックNFTなら、初心者でも簡単に購入できる

通常の手順だと面倒なNFT購入も、コインチェックNFTから購入すれば簡単です。

今後、NFTはさまざまな場面で利用されるでしょう。

NFTを持っておけば、新しい技術に対する理解も深まるはずです。

ぜひこの機会に、コインチェックでNFTを購入してみてください。

以下の公式サイトから無料で口座開設できます。

コインチェック

今回はここまでです。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事