クリプト女子
「tofuNFTでNFTを買ってみたいけど、どうすれば良いの?」

こんな疑問に答えます。

これまでのNFT取引は、イーサリアムチェーン上のOpenSeaが一般的でした。しかし、イーサリアムはガス代(取引手数料)が高騰し、気軽に取引できない状況になっています。

そこで、注目されているのが、BSC(バイナンス スマートチェーン)上のNFT。なかでもtofuNFTは、BSCに対応した最大規模のNFT取引所です。

今回は、tofuNFTの特徴とNFTを購入する方法を解説します。

tofuNFT.comの運営元は、コイン相場で有名な「株式会社COINJINJA」

tofuNFT.comの前身は、「SCV NFT Market」という海外のNFT取引所でした。

この「SCV NFT Market」を 、2021年11月から株式会社COINJINJAが運営を引き継ぎ、「tofuNFT.com」に改められました。

株式会社COINJINJAは、埼玉県越谷市にあるクリプト系の企業。仮想通貨の値動きがわかるアプリ「コイン相場」を開発した企業として有名ですよね。

そんな株式会社COINJINJAが、新たに注力している事業が 「tofuNFT.com」なのです。。

「tofuNFT.com」は、 BSC系で世界最大規模のNFTマーケットプレイス

tofuNFT.comの基本的な機能は、OpenSeaとだいたい同じです。ただ、tofuNFT.comの特色として、以下のような点が挙げられます。

BSCブロックチェーンなので、ガス代が割安

tofuNFT.comでは、BSC(バイナンス スマートチェーン)上でNFTの取引ができます。BSCだと、ガス代(取引手数料)が安く、気軽に取引ができるのがメリットです。

反対に、メジャーなNFT取引所「OpenSea」では、ガス代が高額です。 なぜなら、イーサリアムブロックチェーンを使用しているから。イーサリアムチェーンの需要が強いため、取引手数料の暴騰が問題となっています。 「OpenSea」 で取引すると、1回の取引で数千円から数万円かかることもあります。

tofuNFT.comが使用しているBSCは手数料が安いため、いま注目を集めています。

今後、BSCが扱えるNFTとして、利用者がさらに増えることでしょう。

GamiFiとCollectiblesのNFTに特化している

tofuNFT.comは、GamiFi(ゲーミファイ) とCollectibles(コレクタブルズ)の2分野に特化しています。

ゲーミファイとは、「お金を稼げるゲーム」のこと。ゲーム内のアイテムがNFT化されており、アイテムを取引することで仮想通貨が手に入ります。tofuNFT.comでは、ゲーミファイで使用されるNFTアイテムが専門的に取り扱われています。

tofuNFT.comがもう一つ力を入れているのが、コレクタブルズ。 コレクタブルズとは、コレクション性のあるNFTのことです。

1つのシリーズで50~10,000枚の発行上限が設けられ、どれも絵柄が異なるのが特徴です。CryptoPunks(クリプトパンクス)やThe Bored Ape Yacht Club(BAYC)が有名なコレクタブルズです。

発行枚数が限られるので、人気が出ると高額になりやすいという特徴があります。

tofuNFT.comは、2021年12月に人気NFTクリエイター おにぎりまん氏とコラボし、3,000枚のコレクタブルズ 「Tokyo Pop Girls Collection」を完売させています。

マルチチェーンやレイヤー2にも対応している

tofuNFT.comは、複数のブロックチェーンへの対応を進めています。BSCのほかに、Polygon、Ethereum、Avalanche、Fantomに対応しており、今後もマルチチェーン化を進めるようです。

加えてArbitrumなどのレイヤー2に対応する構想もあります。

マルチチェーンに対応できれば、今後ますますNFT取引が活発になっていくでしょう。

それでは、tofuNFT.com でNFTを購入する手順を見ていきましょう。

「tofuNFT.com」で、BSC系のNFTを買ってみよう

※ここからはパソコンのGoogle Chormeでの操作を前提として説明します。また、BSC用のウォレット「メタマスク」をインストールしている前提となります。まだインストールしていない場合は、先にウォレットの準備を完了させましょう。

補足

メタマスクの記事の中では、イーサリアムの入金方法を紹介しています。BSCでBNBをメタマスクに入れる場合は、以下の手順となります。

  • メタマスクウォレットのインストール
  • メタマスクのネットワークに「BSC」を追加
  • バイナンスにて、BNBを購入
  • バイナンスからメタマスクへBNB送付

tofuNFT.comとメタマスクを接続する

OpenSeaを触ったことがあるなら、基本的には同じ操作でできます。

まず、 tofuNFT.com <https://tofunft.com/ja>にアクセスしましょう。

注意!

クリプトのサイトには、公式サイトと見た目がそっくりな詐欺サイトが多く存在します。

Googleの検索バーから「tofuNFT.com」と検索すると、公式サイトよりも上位に「広告」として偽サイトが表示される可能性があります。

「広告」のURLはクリックしてはいけません。また、公式のサイト(https://tofunft.com/ja)に類似した偽のURLに注意しましょう。

トップページから、ウォレットを接続します。

右上の人型のアイコンをクリックします。

ウォレットの選択画面です。ここでは、MetaMaskをクリックしましょう。

ウォレットのロックを解除します。ウォレットのパスワードを入力しましょう。これで、ウォレットとの接続が完了です。

補足

tofuNFT.com はWEB3型のサイトなので、メールアドレスやパスワードを入力する必要はありません。

個人情報やカード情報を介さず、ウォレット接続だけでNFTの売買ができるのです。

Entrepotのマーケットプレイスでお気に入りのNFTを選ぶ

NFTを購入するには、左上の「マーケット」をクリックします。「ディスカバリ」、「NFTランキング」のいずれかから、お気に入りのNFTを見つけましょう。

いずれの画面でも、どのブロックチェーンのNFTを購入するか選択が必要です。今回は、BSC(バイナンススマートチェーン)を選択します。

自分のウォレットに入っている仮想通貨のブロックチェーンしか購入できないため、注意しましょう。

さっそく、お気に入りのNFTを見つけましょう。購入したい場合、「購入」をクリックします。

NFTの詳細が表示されました。赤枠のランクと、レアリティスコアが「レア度」の指標です。コレクタブルズでは、「どれだけレアなのか」が、価値を大きく左右します。

良さそうなNFTが見つかったら、「今すぐ購入」をクリックします。確認画面が表示されるので、問題なければ「OK」をしましょう。

メタマスクのポップアップが出て、取引の承認を求めてきます。ここで「署名」をクリックすると最終確定します。

これでNFTの購入ができました。購入したNFTは、メタマスクのウォレット内に格納されます。

これで、無事にNFTを購入できました。

お疲れさまでした。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事