「IOSTの重大発表を知りたい」

こんな思いに答えます。

仮想通貨「IOST」は、新時代のインターネットを見据えて開発された仮想通貨です。

ブロックチェーンの抱えるさまざまな問題を解決する銘柄として注目されています。まだマイナーな銘柄ですが、大きな可能性を秘めた仮想通貨です。

この記事では、2022年4月時点の「IOST」の重大発表、ニュースをまとめました。

なお、IOSTに関する解説は以下の記事です。

将来性がない?仮想通貨「IOST」の今後について解説します

また、IOSTはコインチェックから入手できます。

以下の公式サイトから、無料で口座開設が可能です↓

コインチェック

IOSTとイーサリアムのクロスチェーン化がスタート

2022年4月22日、IOSTSwapにおいて、イーサリアムとのクロスチェーン化がスタートしました。

このクロスチェーン化は、IOSTにとってさまざまなメリットがあります。ここでは、そのメリットを紹介します。

WEB3サービスを気軽に使えるようになる

IOST Swapにより、WEB3のサービスを気軽に利用できる体制となります。

DeFiやNFTなど今のWEB3環境は、イーサリアムブロックチェーンが主流です。しかし、データ処理の遅さやガス代の高騰から、気軽には使えない状況となっています。

WEB3サービスがさらに普及するには、ガス代やデータ速度問題の解消がかかせません。

この問題を解決するのが、IOSTSwapです。IOSTの高速で低コストなブロックチェーンを使えば、よりWEB3サービスが身近となります。

IOST Swapは、WEB3を世の中に普及させるためのポテンシャルを秘めています。

イーサリアム側から資金やトークンの流入を期待できる

巨大なイーサリアム経済圏から、IOSTに資金が流れ込む展開が期待できます。

IOSTSwapでは、イーサリアムとIOSTの間でトークンのやり取りが可能です。これによりIOSTを経由してイーサリアムネットワークのアプリにも参加できます。

イーサリアムネットワーク上では、莫大な資金が動いています。IOSTとイーサリアムがスムーズに往来すると、IOSTブロックチェーンの価値も高まります。

ひいては、IOSTトークンの価値向上にもつながるでしょう。

AvaxやSolanaとのクロスチェーン化も検討されている

IOST Swapでは、AvaxやSolanaとのクロスチェーン化の予定もあるようです。

現在のブロックチェーンはさまざまな種類が乱立し、相互利用が難しくなっています。

もし、IOSTが複数のブロックチェーンのハブとして機能すれば、IOSTには潤沢な資金が集まります。IOSTの利用者も増えて、相場価格も上昇するでしょう。

このように、IOST Swapのクロスチェーン化は大きなニュースです。

ビットポイントへの新規上場が決定

2022年5月に、日本の仮想通貨取引所 ビットポイントへの上場が決定しました。日本においては、コインチェックとOKコインに次ぐ、3番目の上場です。

ビットポイントにおいてIOSTの将来性が見込まれた結果であり、IOSTにとっても大きな意義があります。

IOSTのロードマップでは、2022年Q2より多くの仮想通貨取引所への上場を目指すと記載されています。今後も、さまざまな仮想通貨取引所に上場することでしょう。

IOSTの上場が増えれば、ユーザー数の拡大にも繋がります。

NFTマーケットプレイス「tomonity」 IOSTに対応開始

日本発のNFTマーケットプレイス「tomonity」が、IOSTブロックチェーンでのサービスを開始しました。

Tomonityの特徴は、ウォレット作成が不要な点です。

従来のNFTマーケットのような、ウォレットのインストールや設定がありません。ウォレットは、アカウント設定によって入手できるため、初心者でも使いやすい設計になっています。

加えて、ガス代がかからない点も魅力です。

トランザクションにかかるガス代は、マーケット側の負担です。そのため、より手軽にNFTの売買ができます。

IOSTの市場が拡大するには、NFTの存在もかかせません。

今後のtomonityの動向に、注目が集まります。

IOSTの購入方法

IOSTは、日本の仮想通貨取引所「コインチェク」で扱っています。

500円から購入でき、コインチェックの口座でIOSTの貯蓄も可能です。

以下のコインチェック公式サイトから、無料で口座を開設できます↓

すべて日本語で操作できるため、初心者でも問題なく購入できるでしょう。

【今後の動向】多くのプロジェクトが進行中

IOSTでは、さまざまなジャンルのアプリ開発が進行中です。

2022年Q2のロードマップによると、水面下で多くのプロジェクトが動いています。

  • DeFi、NFT、GameFi、Metaverseのアプリ開発
  • ウォレットやアカウント作成サービスなどインフラ環境の整備

とくにNFT分野は、注目度の高いサービスといえるでしょう。これらのサービスの人気が出てくれば、IOSTの価値も高まります。

2022年4月時点では、まだIOSTで稼働するプロジェクトはわずかです。しかし、新たなプロジェクトが続々と発表されているので、2022年以降のIOSTの活躍に注目しましょう。

参考:IOST公式サイト

IOST公式ブログ

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事