「仮想通貨 イーサを買いたい!どうやって買えるの?」

こんな疑問に答えます。

仮想通貨 イーサ(ETH)は、NFTやDeFiの分野で重要な銘柄です。イーサがあれば、仮想通貨投資の幅が大きく広がります。

たとえば、イーサがあれば、以下のことが可能です。

イーサがあるとできること
  • OpenSeaでNFTを買える
  • UniswapでDeFi運用ができる
  • INXセキュリティトークンを買える

この記事では、イーサの購入からウォレット(仮想通貨の財布)に入れるまでの手順を紹介します。これを読めば、あなたもイーサを入手できるでしょう。

それでは、さっそく説明します。

仮想通貨 イーサを購入する

まず、仮想通貨取引所の口座開設をします。

株式を買うために証券口座を開くように、仮想通貨を買うためには、仮想通貨取引所の口座が必要です。

そこで、イーサを購入するために、仮想通貨取引所の口座を開設しましょう。

初心者にもおすすめの仮想通貨取引所が、コインチェックです。

コインチェックの口座開設を申請する

まず、コインチェックの口座開設を申請します。

以下の公式サイトから、無料で口座開設できます。

コインチェックのトップページに飛びました。

トップページにある「会員登録」をクリックします

メールアドレスを入力のうえ、パスワードを設定します。

メールが届くので、メール内のリンクをクリック。コインチェックへログインしましょう。

まず、「各種重要事項の承諾」が必要です。

つづいて、電話番号の認証をします。スマホの電話番号を入力し、SMSで届いた数字で認証してください。

個人情報の入力と本人確認をする

続いて、本人確認です。

ここからは、スマホのアプリからの操作が必要です。「本人確認書類を提出する」を選択すると、コインチェックのアプリをインストールする画面になりました。

アプリをダウンロードし、さきほど設定したログインパスワードでログイン。

まず、本人確認をクリックします。

氏名や住所の情報を入力してください。

最後に、身分証明書の写真データを送信して完了です。

2段階認証を設定する

2段階認証の設定をします。

仮想通貨を扱うときは不正ログインを防止するため、2段階認証が必須です。

画面下部の「アカウント」をクリックして、2段階認証の設定を選択クリック。

ここで、2段階認証アプリのインストールが必要になります。

Google Authenticatorをいうアプリをインストールしてください。

i Phoneの方は、こちら

Androidの方は、こちら

Google Authenticatorをインストールしたうえで、コインチェックの2段階認証に進みます。

セットアップキーをコピーして、Google Authenticatorを起動。

Google Authenticatorの十字ボタンをクリックします。

「セットアップキーを入力」を選んでください。

コインチェックに登録したメールアドレスと、さきほどコピーしたセットアップキーを入力。

そうすると、Google Authenticatorに6桁の数字が現れます。これを、コインチェック側で入力します。

これで、2段階認証が完了です。ログインする際には、この6桁のワンタイムパスワードも入力してください。

日本円を入金する

つづいて、コインチェックの口座への入金です。

「日本円の入金」を選択し、NFTを購入する資金をコインチェックに移します。

コンビニ入金やクイック入金もありますが、手数料が700円と高め。

そのため、銀行振込がおすすめです。

仮想通貨 イーサを購入する

日本円を入金できたので、仮想通貨 イーサ(ETH)を購入します。

Twitter用のNFT入手には、仮想通貨 イーサが必要です。

販売所(購入)→ETHをクリック。

ETHの数量を指定します。1万円は、約 0.03ETHです。(レートにより変動あり)

「購入する」でイーサを入手できました。これで、コインチェックの口座残高にイーサが反映されるようになります。

メタマスクへイーサを入金する

さきほど購入したイーサは、コインチェックの口座の中にあります。しかし、この状態ではNFTやDeFiでの支払いが使用できません。

イーサで買い物をするには、仮想通貨用の財布(ウォレット)を使う必要があります。

そのウォレットの名がメタマスク。

ここからは、メタマスクをインストールし、イーサを移す工程です。

なお、ここから先は、パソコンでの操作を推奨します。スマホは、操作性、セキュリティ面からおすすめできません。

また、パソコンのブラウザでグーグルクロームを使用している前提にて解説をします。

それでは、メタマスクをインストールしていきましょう。

仮想通貨ウォレット「メタマスク」をインストールする

Google Chromeの拡張機能のひとつとして、メタマスクがあります。まずは、メタマスクの公式サイトから、拡張機能をインストールします。

以下のサイトにアクセスします↓

メタマスク公式サイト:https://metamask.io/

注意!

仮想通貨のウォレットには、詐欺目的の偽アプリが多数存在します。検索からダウンロードページを探すと、よく似た偽の詐欺サイトに誘導されるリスクがあります。

そのため、アプリの公式サイトなど信頼できるページから、ダウンロード画面にたどり着きましょう。

Twitter上でもなりすましの「メタマスク」アカウントがあります。アカウント登録時期やフォロワー数を見て怪しくないか疑いましょう。

トップページにある「Download now」ボタンをクリック。

「Chome」を選択して「Install MetaMask for Chrome」を選択。

確認のポップアップが出るので、「拡張機能を追加」をクリックします。

ウォレットを新規作成する

セットアップ画面になりました。「開始」をクリック。

「アカウント引継ぎ」か「新規作成」かを問われます。右側の「ウォレットの作成」を選びましょう。

品質向上に関するフィードバックの同意画面です。「同意します」をクリック。

パスワード設定の画面です。メタマスクでは、ウォレットを利用する際に、ロック解除を求められます。その時に入力するパスワードを設定してください。

リカバリーフレーズを記録する

つづいて、リカバリーフレーズを記録します。

注意!

ここから、ウォレットの設定で最も重要な「シークレットリカバリーフレーズ」が登場します。この 「シークレットリカバリーフレーズ」は、大変重要なものです。パソコンの盗難などウォレットが使用不可となった時に、ウォレットを復元させるための合言葉になります。

「シークレットリカバリーフレーズ」 を失うと、ウォレットの中の財産を一切動かせなくなります。

また、このフレーズは絶対に他人に公開しないでください。このフレーズが漏洩すると、第三者があなたの財産を奪えるようになります。ネット上では、サポートデスクなどを装ってシークレットリカバリーフレーズを聞き出そうとする詐欺がありますが、絶対に教えてはいけません。

まず、リカバリーフレーズの解説動画が流れます。初めての人は、しっかり視聴しましょう。映像を見終わったら、「次へ」をクリックします。

それでは、メモの用意をして、周囲に他の人がいないことを確認してください。

準備ができたら、黒塗り部分をクリックします。

12単語の「シークレットリカバリーフレーズ」が表示されました。これを確実に記録してください。

記録した媒体は厳重に保管し、紛失しないでください。また、ほかの人に見られないようにしてください。

確実に記録できたことを確認したら、「次へ」を押します。

次の画面では、先ほどの シークレットリカバリーフレーズ の確認作業があります。メモした内容をもとに、 シークレットリカバリーフレーズ を入力しましょう。

正しく入力できれば、完了です。これで、メタマスクのインストールが完了しました。

繰り返しますが、 「シークレットリカバリーフレーズ」は厳重に保管しましょう。

コインチェックからメタマスクへイーサを送付する

メタマスクの準備ができました。

次は、コインチェックで購入したイーサを、メタマスクへ送付する作業です。

まず、メタマスクの「送金アドレス」をコインチェックへ登録しましょう。

コインチェックへログインをします。

「暗号資産の送金」→送付する通貨で「Ethereum」を選択。

「宛先を追加/編集」をクリックします。

これで送金アドレスを登録する画面が表示されました。

ここで、メタマスクを起動して、メタマスク側のアドレス確認です。

Google Chromeの右のパズルのアイコンをクリックします。メタマスクが表示されるので、選択しましょう。

パスワードを入力します。

メタマスクが起動しました。

メタマスク上部が「イーサリアムメインネット」になっていることを確認してください。

「Account」の下にあるウォレットアドレス(0xから始まる文字列)の「□」をクリックしましょう。これでアドレスをコピーできます。

コインチェック側の「宛先」にそのまま貼り付けます。

コインチェック側の「通貨」が「Ethereum」となっていることを確認してください。送付先と送付元のネットワークが一致していないと、エラーとなり資産を失ってしまいます。

また、「ラベル」には、自身がわかりやすい名前を付けます。

SMS認証をして、アドレスを追加します。

これで、ウォレットアドレスが登録できました。

これで、コインチェックからメタマスクへイーサを送付できます。

「暗号資産の送金」→送付する通貨で「Ethereum」を選択。

送付量を入力して、送付を行います。

注意!

イーサを送付する際はまず微量のみ送付して、問題なく動作することをテストしてください。問題がないことを確認してから、大きな数量を送りましょう。

補足

イーサリアムはネットワークがひっ迫しており、ガス代(手数料)が高額です。

2022/3/23時点では、0.005ETH(≒1,800円)のガス代がかかります。

イーサの送付にかかる時間は、約30分です。メタマスクをチェックして、イーサリアムが増えていることを確認しましょう。

これで、コインチェックからメタマスクへのイーサ送付が完了しました。

仮想通貨 イーサを利用してみよう

メタマスクにイーサが入りました。これで、NFTの購入やDeFiが可能です。

イーサの購入は簡単で、初心者でも問題なくできます。

仮想通貨運用の幅が広がるので、ぜひ仮想通貨取引所の口座を開いてイーサを購入してみてください。

イーサは、コインチェックで入手できます。

以下の公式サイトから、無料で口座開設が可能です↓

コインチェック

今回はここまでです。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事