IOSTってどこの取引所に上場しているの?

こんな疑問に答えます。

仮想通貨「IOST」は、新時代のインターネットを見据えて開発された仮想通貨です。

ブロックチェーンの抱えるデータ処理の遅さやガス代の高さを解決する銘柄として注目されています。まだマイナーな銘柄ですが、大きな可能性を秘めた仮想通貨です。

この記事では、そんな「IOST」が上場している取引所を紹介します。

なお、IOSTに関する詳しい解説記事はこちらです↓

将来性がない?仮想通貨「IOST」の今後について解説します

IOSTは、コインチェックかバイナンスに上場している

仮想通貨 IOSTが上場しているのは、コインチェックバイナンスの2択になります。

ほかの仮想通貨取引所にも上場しているものの、日本人にはあまり馴染みのない取引所が多いです。

そのため、IOSTを入手するならば、このどちらかの取引所を利用しましょう。

それぞれの特徴を説明します。

コインチェックなら、初心者でも簡単にIOSTを購入できる

初心者でも簡単にIOSTを入手できるのが、コインチェックです。

コインチェックは日本の会社です。そのため、手続きはすべて日本語で日本円も使えます。

口座開設をして、IOST購入するというシンプルな流れです。500円から購入でき、コインチェックの口座でIOSTの貯蓄もできます。

以下の公式サイトから、無料で口座開設が可能です↓

また、コインチェックの口座があれば、IOSTのほかにビットコインやNFTも購入できます。

これから仮想通貨を始めようという人には、コインチェックでの購入がおすすめです。

バイナンスでは、IOSTでハイレベルなトレードができる

外国の仮想通貨取引所であるバイナンスも、IOSTを購入できます。

バイナンスでは数百以上の銘柄が扱われており、IOSTを他の銘柄にトレードできます。そのため、コインチェックよりも、さらに高度な仮想通貨投資が可能です。

ただし初心者にとって、バイナンスでのトレードは少々面倒です。日本円が使えないからです。

バイナンスへの入金には、仮想通貨を用いなければいけません。

IOSTを入手するには、以下の手順が必要です。

このように、バイナンスを利用する場合でも、コインチェックの口座が必要となります。

もし、コインチェックにある銘柄にしか投資しないのであれば、バイナンスは不要でしょう。

以下のバイナンス公式サイトから、無料で口座開設が可能です↓

バイナンスを利用する際は、前述のコインチェックの口座も開設しましょう。

コインチェックでビットコインを入手し、バイナンスの口座へ送付すれば取引ができます。

IOSTは、今後も新規上場を計画している

IOSTでは今後、他の仮想通貨取引所への新規上場も計画しています。

2022年Q2のロードマップには、「より多くの世界的な取引所に上場させる」という文言があるためです。

IOSTは、まだマイナーな銘柄です。しかし、より多くの仮想通貨取引所で扱うようになれば、利用者も増えてIOSTの価値も高まります。

2022年4月時点では、まだIOSTで稼働するプロジェクトはわずかです。しかし、新たなプロジェクトが続々と発表されているので、徐々に注目を集めています。

この機会に、IOSTを入手してみましょう。

以下のコインチェックの公式サイトから、無料で口座開設できます。↓

今回は、ここまでです。

参考:IOST公式サイト

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事