「IOSTに将来性はあるの?」

こんな疑問に答えます。

仮想通貨「IOST」は、新時代のインターネットを見据えて開発された仮想通貨です。

ブロックチェーンの抱えるさまざまな問題を解決する銘柄として注目されています。まだマイナーな銘柄ですが、大きな可能性を秘めた仮想通貨です。

この記事では、「IOST」の 将来性や今後の展開について、説明します。

なお、IOSTはコインチェックから入手できます。

以下の公式サイトから、無料で口座開設が可能です↓

コインチェック

【IOSTの特徴】あらゆる場面で活躍するブロックチェーン

IOSTのブロックチェーンは、さまざなまインターネットサービスの基盤となるべく開発されました。

膨大なユーザー数にも耐えうる設計を目指しているため、 さまざまな特徴があります。

高速なデータ処理と安価な手数料

IOSTのブロックチェーンは、高速な処理速度と安価な手数料が特徴です。

インターネットの基盤インフラとなるには、常に莫大なデータをストレスなく処理する必要があるからです。

既存のブロックチェーンでは、課題が多く利用できる機会は限られます。

たとえばイーサリアムでは、約10分の処理時間時間と数千円の手数料がかかります。加えて、データの処理量も少ないです。

1回のデータ処理にこれだけのコストがかかのは、現実的ではありません。

この問題点を解決する手段が、IOSTのブロックチェーン。

IOSTのブロックチェーンは、高速で大量のデータ処理ができます。加えて、手数料も格安です。そのため、ゲームやWEBサイト、SNSなど従来のWEBシステムすら、ブロックチェーン上で運用できるのです。

JAVA言語のため、 開発できるプログラマーが多い

多くのプログラマーが開発に参加できる点も、魅力です。

なぜならIOSTには、Javaと言うメジャーなプログラミング言語が使われているからです。

ブロックチェーンの開発では、専用のプログラミング言語を覚える必要があります。しかし、それらのプログラミング言語を習得しているプログラマーは少ないです。

これに対してIOSTなら、既存のプログラマーが簡単に開発に参加できます。

動員できるプログラマーが多く、普及のスピードが速いと期待されます。

幅広いインターネットサービスに展開できる

IOSTのブロックチェーンは、さまざまなインターネットサービスのプラットフォームとして使う想定で開発されています。

現在、さまざまな分野のサービス開発が進行中です。

たとえば、以下のようなサービスです。

  • DeFi
  • メタバース
  • インフラの基盤ネットワーク
  • NFT
  • オンラインゲーム

IOSTは、これらサービスの基盤ブロックチェーンを目指しています。

IOSTブロックチェーンがあらゆるところで利用されれば、その通貨であるIOSTの需要も高まるでしょう。

まだプロトタイプの段階ですが、さまざまなサービスの開発が進められています。

【将来性】IOSTは、壮大なビジョンを描いている

IOSTの将来性について、説明します。

多くの人がIOSTに期待する理由は、開発チームが掲げるビジョンの壮大さにあります。もし、このビジョン通りの未来が訪れると、IOSTは大きな価値を持つでしょう。

インターネットの新しいプラットフォームを目指している

IOSTは、インターネットの新しいプラットフォームとして設計されました。

将来的には、アマゾンやFacebookのようなサービスもIOSTのブロックチェーン上で動かそうとしています。

既存のブロックチェーンで動かせるサービスは限定的です。

たとえば、イーサリアムブロックチェーンでは、アマゾンのような複雑なサービスを動かせません。そのため、これらのブロックチェーンは、利用用途が限定されます。

これに対してIOSTは、新しいインターネットサービスの基盤となるよう開発されたブロックチェーンです。さまざまな分野のサービスを、IOSTのブロックチェーン上で動かせます。

データが重く複雑なサービスであっても、問題ありません。

開発チームのビジョンが実現した場合には、世の中のあらゆる場所でIOSTのブロックチェーンが活躍します。

プロジェクトが成功した場合は、巨大なIOSTのエコシステムが誕生するため、注目を集めています。

イーサリアムブロックチェーンからの資金流入が期待できる

イーサリアムからIOSTへ、資金が流れ込む展開が予想されます。

なぜなら、イーサリアムとのクロスチェーン化されたためです。

IOST SWAPというサービスでは、イーサリアムとIOSTの相互接続が可能となりました。これにより、イーサリアムのDappsをIOSTを介して操作できます。

イーサリアムには多くのDappsがあるものの、気軽には利用できません。なぜなら、データ処理の遅さとガス代の高騰があるからです。

しかし、IOSTとのクロスチェーン化によって、これらの問題を解消できます。

IOSTとイーサリアムの間で、資産のやり取りができれば、IOSTの価値は向上します。また、イーサリアム上には、莫大な資金が動いています。

IOST SWAPを通じて、イーサリアムの資金がIOST側に流入すれば、IOSTの価値は向上します。

大手金融やベンチャーキャピタルからの支援を受けている

大手金融やベンチャーキャピタルからの支援を受けている点も、明るい判断材料です。

IOSTは、次世代のブロックチェーン開発のため、大手金融機関やベンチャーキャピタルからの援助を受けています。

たとえば、以下の団体がIOSTを金融支援しています。

  • Sequoia・・・ZOOMやAirbnbの創設者が立ち上げた投資会社
  • Matrix・・・アメリカの投資家集団
  • ZhenFund・・・中国最大級のエンジェル投資家

もちろん、支援を受けるにあたって、これらの団体がIOSTの事業計画にゴーサインを出しています。

つまり、投資のプロから見ても、将来性が見込めるプロジェクトだと認められたことになります。

ベンチャーキャピタルが支援しているので、事業拡大の観点からも有利でしょう。

世界中に、多くのユーザーを抱えている

世界中にIOSTユーザーがいる点も、ポジティブな情報です。

2022年3月までに、IOSTでは62万以上のユニークウォレットが開設されました。IOSTの時価総額は、580億ドル以上にのぼります。

これらのユーザーは、IOSTの価値を上げるために積極的に活動するでしょう。

ユーザーがIOSTの普及活動に貢献し、さらに大きなエコシステムへと成長します。

【懸念点】IOSTと同じコンセプトのライバルも出現している

IOSTには革新的な要素が多く、将来性を期待された銘柄です。

一方で、懸念点もあります。IOSTとライバルとなるブロックチェーンの出現です。

安価で超高速のブロックチェーンに対するニーズは強く、さまざまな機関で研究されています。

たとえば、IOSTと似たコンセプトを持つプロジェクトが「ICP」です。

ICPも、高速の次世代型ブロックチェーンを目指して開発されています。

ICPに関する詳しい記事は、こちらです↓

仮想通貨「ICP」とは何? ICPの特徴や将来性について、解説します

このように、IOSTが競合との覇権争いに勝てるのかは大きな懸念点となります。

IOSTの購入方法

IOSTは、日本の仮想通貨取引所「コインチェク」で扱っています。

500円から購入でき、コインチェックの口座でIOSTの貯蓄も可能です。

以下のコインチェック公式サイトから、無料で口座を開設できます↓

すべて日本語で操作できるため、初心者でも問題なく購入できるでしょう。

【今後の動向】多くのプロジェクトが進行中

IOSTでは、さまざまなジャンルのアプリ開発が進行中です。

2022年Q2のロードマップによると、水面下で多くのプロジェクトが動いています。

  • DeFi、NFT、GameFi、Metaverseのアプリ開発
  • ウォレットやアカウント作成サービスなどインフラ環境の整備

とくにNFT分野は、注目度の高いサービスといえるでしょう。これらのサービスの人気が出てくれば、IOSTの価値も高まります。

2022年4月時点では、まだIOSTで稼働するプロジェクトはわずかです。しかし、新たなプロジェクトが続々と発表されているので、2022年以降のIOSTの活躍に注目しましょう。

参考:IOST公式サイト

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事