円安が止まらない。何か対策したいけど・・・

こんな思いに答えます。

2022年に入ってから、円安が加速しています。

日本円だけを持ち続けていると、円の価値がどんどん下がってしまう状況です。

「なにか対策をしなければ」と焦ってしまいますよね。

そんな時に考えたいのが、ビットコインへの分散投資です。

この記事では円安の防衛策として、ビットコイン投資について解説します。

ビットコインは、円安に対する防衛手段になる

円安が続く状況では、日本円をドルや金塊など他の資産に変えることが有効です。

その一つの選択肢として、ビットコインへ投資する方法があります。

ここでは、円安対策としてビットコインに変えるメリットを紹介します。

ビットコインは、金融政策の影響を受けにくい

日本円からビットコインに変えておけば、金融政策による影響を受けにくくなります。

ビットコインの供給量は、人為的な操作ができません。市場に供給される量が自動で決まっているため、ビットコイン価値が保たれやすい点が特徴です。

また、ビットコインの新規発行ペースは、徐々に減少していきます。仮想通貨市場が拡大しているのに対して、ビットコインの新規発行ペースは少なくなるため、需要の増加が期待できます。

ビットコインは、国家に依存しない新しい通貨です。そのため、各国の中央銀行の政策に左右されにくい点が特徴です。

資産の一部をビットコインに分散させると、リスクヘッジになります。

ビットコインは、国際的に流動性が高い資産

ビットコインの流動性の高さも魅力です。

世界中に流通しており、ビットコインの取引市場も世界と繋がっています。

このことから、国境を越えたトレードも難なく行えます。

これまで資産を保管する手段として、金塊が使われていました。しかし、金塊は購入までのハードルが高く、トレードも面倒でした。

ビットコインなら、より手軽に資産の保存が可能です。

いざという時の現金化もスムーズなので、新たな価値保存の手段として注目されています。

仮想通貨は成長産業である

ビットコインを始めとする仮想通貨は、成長産業です。

まだ仮想通貨の仕組みが誕生してから、10年ほどしか経過していません。そのため、仮想通貨を保有している人は、ごく一部に限られています。

今後のインターネット社会では、仮想通貨を使う場面が増えると予想されます。それに伴い、仮想通貨の需要も増えるでしょう。

資産の一部をビットコインとして持てば、仮想通貨に関する知識も深まります。投資の勉強にも役立つでしょう。

株式や不動産投資に替わる新たなリスクヘッジ先として、ビットコインは注目されています。

ビットコインの購入方法

ここでは、ビットコインの購入方法を紹介します。

ビットコインは、仮想通貨取引所で入手できます。

操作は簡単なので、初心者でも大丈夫です。

ぜひこの機会に、ビットコインへの分散投資を始めてみてください。

コインチェックの口座開設を申請する

まずは、仮想通貨取引所の口座開設をします。

ビットコインを入手するには、仮想通貨取引所の口座が必要です。銀行や証券会社の口座のようなものです。

初心者でも使いやすいおすすめの仮想通貨取引所は、コインチェックです。

以下の公式サイトから、無料で口座開設ができます。

コインチェックのトップページが表示されたら、「会員登録」をクリックします。

メールアドレスを入力のうえ、パスワードを設定します。

メールが届くので、メール内のリンクをクリック。コインチェックへログインしましょう。

まず、「各種重要事項の承諾」が必要です。

つづいて、電話番号の認証をします。スマホの電話番号を入力し、SMSで届いた数字で認証してください。

個人情報の入力と本人確認をする

続いて、本人確認です。

ここからは、スマホのアプリからの操作が必要です。「本人確認書類を提出する」を選択すると、コインチェックのアプリをインストールする画面になりました。

アプリをダウンロードし、さきほど設定したログインパスワードでログイン。

まず、本人確認をクリックします。

氏名や住所の情報を入力してください。

最後に、身分証明書の写真データを送信して完了です。

2段階認証を設定する

2段階認証の設定をします。

仮想通貨を扱うときは不正ログインを防止するため、2段階認証が必須です。

画面下部の「アカウント」をクリックして、2段階認証の設定を選択クリック。

ここで、2段階認証アプリのインストールが必要になります。

Google Authenticatorをいうアプリをインストールしてください。

i Phoneの方は、こちら

Androidの方は、こちら

Google Authenticatorをインストールしたうえで、コインチェックの2段階認証に進みます。

セットアップキーをコピーして、Google Authenticatorを起動。

Google Authenticatorの十字ボタンをクリックします。

「セットアップキーを入力」を選んでください。

コインチェックに登録したメールアドレスと、さきほどコピーしたセットアップキーを入力。

そうすると、Google Authenticatorに6桁の数字が現れます。これを、コインチェック側で入力します。

これで、2段階認証が完了です。ログインする際には、この6桁のワンタイムパスワードも入力してください。

日本円を入金する

つづいて、コインチェックの口座への入金です。

「日本円の入金」を選択し、ビットコイン購入のための資金をコインチェックに移します。

コンビニ入金やクイック入金もありますが、手数料が700円と高め。

そのため、銀行振込がおすすめです。

これで、コインチェックへの入金が完了しました。

仮想通貨 ビットコインを購入する

日本円を入金できたので、いよいよ仮想通貨 ビットコイン(BTC)を購入します。

販売所(購入)を選択肢、「BTC」をクリック。

BTCの数量を指定します。1万円は、約 0.002BTCです。(レートにより変動あり)

「購入する」をクリックします。すぐにビットコインが保有口座に反映されます。

これで、ビットコインの入手完了です。資産の一部が、ビットコインになりました。

円安の状況下では、自己防衛とリスクヘッジが重要

ここまで、円安対策としてのビットコイン投資を紹介しました。

為替相場の変動が激しい時期には、資産を分散してリスクヘッジをしなければなりません。

分散先としては、アメリカドルや金塊などさまざまな選択肢があります。これに加えて、現代ではビットコインも分散先の一つです。

ぜひ、円安に対する自己防衛策としてビットコイン投資を考えてみてください。

以下のコインチェック公式サイトから、無料でビットコイン口座の開設ができます。

今回はここまでです。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事