クリプト女子
「仮想通貨 ICPのウォレットで何を使うの?インストールの方法は?」

こんな疑問に答えます。

仮想通貨ICPでは、ウォレットとして「plug」という拡張機能を使用します。

plugには、こんな機能があります。

  • 仮想通貨 ICPやNFTの保管、送金
  • 仮想通貨残高の確認
  • ICP上のWEB3コンテンツのログインキー

機能はメタマスクとほぼ同じですね。

それでは、まずはplugをインストールしましょう。

ICPのウォレット「plug」をインストールしよう

ここからは、パソコンのブラウザでグーグルクロームを使用している前提にて解説をします。スマホでも、一応plugを扱えるものの、操作性、セキュリティ面からおすすめできません。

まず、Google Chromeの拡張機能から、「plug」をインストールします。

Google Chrome のブラウザからplugの公式Twitter<https://twitter.com/plug_wallet>を開きます。

Twitterのプロフィール欄にある「plugwallet」のリンク先に飛びましょう。

注意!

仮想通貨のウォレットには、詐欺を目的とした偽アプリが多数存在します。検索からダウンロードページを探すと、よく似た偽の詐欺サイトに誘導されるリスクがあります。

そのため、Twitterの公式アカウントなど信頼できるページから、ダウンロード画面にたどり着きましょう。

Twitter上でもなりすましのアカウントがあるので、アカウント登録時期やフォロワー数を見て怪しくないことを確認しましょう。

リンクをクリックすると、以下のGoogle Chromeの拡張機能のダウンロード画面になります。ダウンロードをクリックします。

「Chomeに追加」をクリックします。

次の画面では、「アカウント引継ぎ」か「新規作成」かを問われます。右側の新規作成の「Create Wallet」を選びましょう。

ここで、ウォレットのロック解除のためのパスワード設定です。12字以上のパスワードを設定してください。

注意!

ここから、ウォレットの設定で最も重要な「シークレットリカバリーフレーズ」が登場します。この 「シークレットリカバリーフレーズ」は、大変重要なものです。パソコンの盗難などウォレットが使用不可となった時に、ウォレットを復元させるための合言葉になります。

「シークレットリカバリーフレーズ」 を失うと、ウォレットの中の財産を一切動かせなくなります。

また、このフレーズは絶対に他人に公開しないでください。このフレーズが漏洩すると、第三者があなたの財産を奪えるようになります。ネット上では、サポートデスクなどを装ってシークレットリカバリーフレーズを聞き出そうとする詐欺がありますが、絶対に教えてはいけません。

それでは、メモの用意をして、周囲に他の人がいないことを確認してください。

準備ができたら、モザイク部分をクリックします。

表示された「シークレットリカバリーフレーズ」を確実に記録してください。記録した媒体は厳重に保管し、紛失しないでください。

また、ほかの人に見られないようにしてください。

確実に記録できたことを確認したら、チェックボックスをクリックして「Continue」を押します。

これで初期設定は完了です。繰り返しますが、 「シークレットリカバリーフレーズ」は厳重に保管しましょう。

plugのインストールが完了しました。

つづいて、plugの使い方をみていきましょう。

plugウォレットの使い方

ここでは、plugウォレットの使い方を解説します。

外部の取引所からplugウォレットへ入金する場合(ウォレットアドレスの確認)

外部の取引所から自分のplugウォレットに入金するには、ウォレットアドレスを確認する必要があります。

まず、Google Chromeの拡張機能のアイコンをクリックして、plugを選択します。

パスワードを入力してロック解除をすると、ウォレットの中身が見られます。この画面で「Deposit」をクリックして、ウォレットのアドレス(公開鍵)を表示させましょう。

これでウォレットアドレスが確認できました。

plugでは、「plug同士の受け渡し」と「外部からの入金」でアドレスが異なります。Binanceなど外部取引所から入金する場合は、「From Exchange, DFX, or Account ID」を使用します。

このウォレットアドレスをコピーして、Binanceなどに貼り付けてください。

注意!

入金する際はまず微量のコインを送付して、問題なく動作することをテストしてください。問題がなければ、そのアドレスをホワイトリストに登録して、次回以降使いましょう。

Plug ウォレットから外部へ出金する場合

自分のplugウォレットから、外部へ送金するには「Send」をクリックします。

ICPの数量と送金アドレスを入力して、「Continue」をクリック。

これで送金完了となります。

plugがあれば、ICPブロックチェーンのサイトにアクセスできる

plugは操作がシンプルなので、送金、入金さえ覚えてしまえば十分です。

plugがインストールされていれば、NFTの売買も可能。また、ICPブロックチェーンのサイトでは、plugがログインIDの代わりになります。

これからますます使う機会が増えるアプリです。

今回はここまでです。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事