クリプト女子
「仮想通貨 ICPでNFTを買ってみたい。どうやって買えばいいの?」

こんな疑問に答えます。

ICPブロックチェーン上のNFTは、Entrepot(アントレポット)というマーケットプレイスで取引されています。

この取引所の特徴と購入手順について、解説しましょう。

Entrepot(アントレポット)は、ICP初のNFTマーケットプレイス

ICPブロックチェーンでNFTを取引するなら、Entrepot(アントレポット)一択になります。

ICP初のマーケットプレイスで、OpenSeaとほぼ同じような機能を持っています。

Entrepotには、こんなメリットがあります。

  • 高速でのトランザクション処理
  • ガス代が不要
  • 割安な取引手数料
  • フルオンチューンなので、データはブロックチェーン上に残る

とくに、ガス代がかからない点が良いですね。イーサリアムネットワークだと、ガス代が高すぎて満足に取引ができません。それに対して、ICPブロックチェーンでは、ガス代にお金を費やす必要がありません。

Entrepotはまだローンチしたばかりですが、面白いプロジェクトがいくつも立ち上がっています。

それでは、NFTを購入する手順を見ていきましょう。

【買い方】Entrepot(アントレポット)で、ICPのNFTを買ってみよう

※ここからの操作はICP用のウォレット「Plug」をインストールしている前提となります。まだインストールしていない場合は、先にウォレットの準備を完了させましょう。以下の記事にその方法を記載しています。

Entrepotと、Plug Walletを接続する

OpenSeaを触ったことがあるなら、基本的には同じ操作でできます。

まず、 Entrepot<https://entrepot.app/>にアクセスしましょう。

注意!

クリプトのサイトには、公式サイトと見た目がそっくりな詐欺サイトが多く存在します。

Googleの検索バーから「Entrepot 」と検索すると、公式サイトよりも上位に「広告」として偽サイトが表示される可能性があります。

「広告」のURLはクリックしてはいけません。また、公式のサイト(https://entrepot.app/)に類似した偽のURLに注意しましょう。

トップページから、ウォレットを接続します。

右上のアイコンをクリックすると、「CONNECT YOUR WALLET」と表示されます。

ここをクリックして、ウォレットと接続します。

ウォレットの選択画面です。ここでは、Plugを使用する前提で進めます。Plugをクリックしましょう。

ウォレットのロックを解除します。ウォレットのパスワードを入力しましょう。

Entrepot上のNFTプロジェクトがウォレットへアクセスできるよう「承認」を求められます。「Allow」をクリックしましょう。

これで、Entrepotへログインできました。

補足

Entrepot はWEB3に対応したサイトなので、サイトへメールアドレスやパスワードを入力する必要はありません。

個人情報やカード情報を介さず、NFTの売買ができるのです。

さっそく、NFTを選んでいきましょう。

Entrepotのマーケットプレイスでお気に入りのNFTを選ぶ

「MARKETPLACE」をクリックしましょう。 Entrepotで扱っているNFTプロジェクトが一覧で表示されます。

ICP上でもさまざまなプロジェクトがあります。過去にICPの人気NFTをまとめたので、参考にしてください↓

良さそうなNFTが見つかったら、「BUY NOW」をクリックします。確認画面が表示されるので、問題なければ購入をしましょう。

これでNFTの購入ができました。購入したNFTは、Plugのウォレット内に格納されます。

右上のアイコンをクリックしましょう。Plugの中身が表示され、あなたが購入したNFTが入っていることがわかります。

これで、無事にICPのNFTを購入できました。

お疲れさまでした。

免責

当サイトに掲載されているコンテンツは、情報の提供を目的としたものです。最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、当サイト上のコンテンツの内容につきまして、その内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

おすすめの記事